HUGのわ」は、避難所運営ゲームHUG(ハグ)開発者のページです。

姉妹ゲームやオプションカードについてもご紹介しています。

  ※「避難所HUG」は静岡県の登録商標です。

HUG紹介ビデオ

避難所HUGの意義と進め方(制作(一)消防防災科学センター)

・HUG体験会の準備、運営方法などが、わかりやすくがまとめられています。

・後半には、東日本大震災や熊本地震の前にHUGを経験したことが、地震発生時に役立ったという体験談のインタビューが収められています。


更新履歴等

避難所運営ゲームHUG体験会 エクアドル視察団01 大統領の視察を避難所運営本部で受け入れ 

避難所運営ゲームHUG体験会 視覚障害者の皆さんの実施風景2(点字大活字HUG)

避難所運営ゲームHUG体験会 視覚障害者の皆さんの実施風景1(点字大活字HUG)

2017年8月20日塩尻市HUG 多数の聴覚障害者が参加

負傷者カード、妊産婦カードを組み込んで使う

・冒頭のHUG紹介ビデオが制作されました。 

・貸し出し先での実施状況

2017年8月6日、スキルボート主催の要配慮者カードを使って実施した体験会のレポート

 

プレイベント「HUG(避難所運営ゲーム)要配慮者版」を実施しました!

負傷者バージョン開発の背景

横浜・菊名 SmileFactory様の要配慮者カード◆レポ◆第2回HUG体験会(2017.7.20)

三原市防災士ネットワークからオプションカードの感想

避難所運営ゲームHUG体験会 飛び交う会話

話(動画)

イラストふりがなバージョン<外国人と実施する場合の注意点>

姉妹ゲーム全般に、各姉妹ゲームのカード枚数を表すグラフを追加

導入部(通路の記入、地区割り等の相談、スロースタート)

読み上げのコツ

読み上げは各グループで行う

HUG(地震・負傷者混合)研修会報告書

・2017年5月27日の日経新聞朝刊の静岡経済面と日経電子版の「静岡きらり人材」で紹介されました。

聴覚障害の方が手話通訳でHUG(動画)

HUG体験会風景1(動画)

 ・ゲームのしかたの説明

アイスブレイキング(簡単自己紹介)

HUG体験会の準備<進行管理者>

HUGは地元や職場の災害対応に応用できる

HUG体験会の準備<女性の参加>

・2017年4月15日(土) NHK総合 【週刊ニュース深読み】<熊本地震1年・避難生活どう支える?私たちはどう備える?>でHUGが紹介されました。

HUG体験会の準備<会場>

HUG体験会の準備<机上>

HUGの福祉避難所への対応状況

車中泊オプションカードを実施

2017.02.25外国人の皆さんとHUG体験会

2017.01.21HUGに障害者の方も参加

内閣府男女共同参画局発行の「共同参画」2016年7月号に、復興庁男女共同参画班でが岩手県実施したワークショップ「『いまこそ』みんなで考える復興と男女共同参画」で実施したHUGのことが掲載されました。

 このワークショップでは国立保健医療科学院の吉田穂波先生と作成した男女共同参画のオプションカードを組み込みました。

小学生がHUGをやる意味はあるか

災害対策本部~そこに行けば、今何が起こっているか、すべてわかる場所~

掲示板は非常に優れた情報共有手段

訓練の評価~絶対評価と相対評価~

・12月14日(水)NHK総合テレビ「くらし☆解説」で「ゲームで学ぶ防災対策」としてHUGが詳しく紹介されました。

・2016年12月8日 熊本市内で地震前にHUGを実施していた小学校があり、その経験が熊本地震の際に開設された避難所で役立っていたという事例が見つかりました。

 詳しいことは今後掲載する予定です。

・2016年11月22日(月)NHK静岡放送の夕方番組「たっぷり静岡で」で、HUGの北海道バージョン「DoHUG」が詳しく紹介され、録画出演しました。

 この中で、今年の台風10号の際、芽室町でも避難所を開設しましたが、同町では事前にHUGの経験があり、この経験が実際の避難所運営に役立ったことが紹介されました。

2016年11月16日(水)SBS静岡放送の夕方番組「イブアイしずおか」でHUGと姉妹ゲームが紹介され、録画出演しました 。

・静岡県危機情報課が、避難所運営ゲームHUGの開発と普及の功績で2016年11月11日第11回マニュフェスト大賞優秀賞(優秀コミュニケーション戦略賞)を組織として受賞しました。

・2016年10月23日HUGの開発と普及が評価され、2016年日本災害情報学会『廣井賞』(社会的功績分野)を個人で受賞しました。 

・2016年9月26日付けで、静岡県に申請していた負傷者バージョンの使用許諾申請が許可になりました。

失敗を経験できることの重要性

HUGを学校の体育館で実施する場合

1グループの人数会場グループ間の距離1グループの机の適正面積

・月間ガバナンス(ぎょうせい)9月号に、8月7日(日)に開催されたまちづくり・自治体経営ゲーム体験会実行委員会主催の公共施設マネジメント&避難所運営HUGゲーム体験会IN関東の様子が掲載されました。

道具としてのHUG

行政機関の防災情報システムは災害直後から役立つか

・2016年8月18日付けで、静岡県に申請していたイラストふりがなバージョンの使用許諾申請が許可になりました。

声による情報共有

・2016年8月5日 お勧めのサイトにSONAE仙台防災学習研究所を追加しました。

 ・2016年7月28日付けで静岡県に申請していたHUG風水害バージョンの使用許諾申請が許可になりました。 

・2016年7月23-24日開催の災害時母子支援研修の様子

・2016年7月20日付けで静岡県に申請していたHUGホテル旅館バージョンの使用許諾申請が許可になりました。 

2016年6月24日開催の市町村アカデミーの様子を追加しました。

・2016年7月12日 HUG体験会風景に6月18日開催の視覚障害リハビリテーション研究発表大会in静岡の様子を追加しました。 

・2016年7月4日 HUG体験会風景に6月17日開催の点字大活字HUGを追加しました。 

・2016年6月30日付けで静岡県に申請していたHUG災害時要配慮者バージョンの使用許諾申請が許可になりました。 

 

・2016年6月13日(月)NHK「シブ5時」でHUGが詳しく紹介され、録画出演しました 。 

・2016年6月6日 NHK静岡放送局の「たっぷり静岡」でHUGが紹介され、録画出演しました。  

・2016年4月21日

ホームページ開設

 

 

 

姉妹ゲーム、オプションカードの無料貸し出しについて

 姉妹ゲーム、オプションカードについては、静岡県に使用許諾を申請して開発したものですが、許諾条件に「製作物は原則として対価の対象としないこと」とあり、販売すること、貸し出しの対価をいただくことができませんので、無料で貸し出しています。

 借り受けをご希望の方は、下記1~8をメールにコピーペーストし、1の貸出条件の同意する旨を記載し、2~8に必要事項をご記入いただき、メニューの「お問い合わせ」を通じてお申し込みいただければ、原則としてゆうパックでお送りします。

 

1 貸し出し条件

1)送付料

  恐れ入りますが、借主負担(貸出時は着払い)でお願いします。

  ゆうパックでない方が良い場合は、宅配業者等をお知らせください。

(2)お申し込み期限

  借り受け期間の2週間前までにお知らせください。

(3)データの拡散防止

 カード(紙)、図面と説明用パワーポイントが入ったDVDを送付しますが、下記について遵守をお願いします。

  必要なら追加でお貸ししますので、カードは複製しないででください。

 また、並べて写真撮影したものや、並べてコピーしたものを、誰かにメールで送信したり、インターネットにアップする等をしないでください。

  データの拡散防止のため、DVDのデータはご担当者止まりとし、誰かにメールで送信したり、インターネットにアップする等をしないでください。

(これは、著作権保護の観点から、また静岡県からの避難所HUGの使用許諾条件に「製作物等について、ホームページ上でダウンロードする等の、第三者が自由に複製できる形での配布は行わないこと」とあり、メール等でデータが拡散しても同じ結果になるためです)。

  又貸しはしないでください。

 

(3)返却にあたって

  カードを番号順に並べ直して、借り受け期間内に返却してください。

  紛失したカードがあった場合はその番号をお知らせください。

  汚れたり、破損したカードがあった場合、そのカードにふせんを貼るなどの目印を付けてください。

 (上記イ、ウはこちらで破損や汚れの有無を確認する時間を短くするためです)

(4)アンケート

 姉妹ゲームを利用した体験会の日時、場所、参加者数、ご意見・ご感想、ご要望などについてのアンケートへのご協力をお願いします。

※以上の貸し出し条件について、同意の有無を下に記載してください。

👉

 

2 借り受け機関名

3 ご担当者及び連絡先(電話番号、メールアドレス)

4 ご希望のバージョン

5 必要グループ数

6 借り受け期間

   年 月 日~  年 月 日

7 送付先

  郵便番号

  住所

  あて名

8 ご希望の到着時刻